スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外でペットボトルを分解できる酵素が偶然生み出される!きっかけは日本のゴミの中から見つかったバクテリア

未分類
04 /18 2018

ペットボトルを分解できる酵素が実験施設で偶然に生み出されたことが判明




【記事から】

自然の力では分解することが難しいとされるPETを、分子レベルにまで分解することが可能な酵素が科学者チームによって偶然生み出されたことが明らかにされました。

ポーツマス大学のジョン・マギーハン教授の研究チームでは、
2016年に日本のゴミの中から見つかった「プラスチックを食べるバクテリア」の研究を進める中で、突然変異によりペットボトルを分解できる新しい酵素を作り出してしまったとのこと。


2018年現在、世界では1分あたり100万本のプラスチックボトルが生産されています。しかし、その中でリサイクルされているのはわずか14%にとどまっており、残りは埋め立てられるか海洋にゴミとして漂い、魚などに食べられて汚染を拡大しています。この技術が実用化されると、ペットボトルを分解して再びペットボトルを作ることが可能になり、本格的なペットボトルの完全リサイクルの実現を期待させるものとなっています。

konami

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。